婚活は現実世界にいる相手にしよう!

婚活していてなかなか出会えない場合は、実際にそんな条件の人がいるのかを再度考えてみましょう!

分からない場合はプロの婚活カウンセラーに相談して客観的に見てもらうのもヒントになりそうです。

【①痒い所に手がとどく、そんな男性はいない。もしくは稀】

女性が考えていることをなんとなく察してくれて行動に移してくれる男性。
理想ですよね。
でも断言します。
婚活市場にはかなり稀で絶滅危惧種を探してるような婚活といっても過言ではありません。
少し不器用、でも優しい。そんな感じの人が圧倒的なシェアを占めています。

【②最初から分かってくれる人はいない、分かり合っていくもの】

見知らぬもの同士なので、最初から分かってくれるのは難しいです。
お付き合いを始めて、さらに一緒に住んで、やっとお互いのことを理解して、お互いのツボや考えていることをやっと何となく理解できるレベルです。
お相手が全く察してくれなくてもそれは当たり前です。

【③数字を確認しよう】

自分が掲げている上限の独身男性の人数がどれくらいいるのかを把握しましょう。
現実的な数字なのか、人数のおおよそを予想するのも大切です。
あまりにも少なそうであればう少し条件を広げていみるのもおすすめです。


いかがでしたでしょうか?

あなたの掲げる理想の相手は現実世界の独身男性の中にいそうでしょうか?
いない人を追いかけていてもなかなか難しいので一度客観的に考えてみてくださいね。

自分の幸せにその条件必要?と問いかけてみると少し条件が緩和できて、幅が広がるかもしれません。
幅を広げたほうが圧倒的に婚活は楽です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

サブスク婚活ってどんな人がいるの?どんな仕組みなの?→こちら

関連記事

  1. 婚活が楽しくない

  2. 婚活を始めて結婚までいける人の条件

  3. 婚活中に陥る“自分は本当に結婚したいか分からなくなる”ときは・・・

  4. 生理的に無理な相手に会ったときのメンタル回復方法

  5. 婚活が上手くいかないときやること“女性編”

  6. たくさん新規の人に会ったのに結婚できない