婚活に恋愛を求めてしまう

恋愛の先に結婚がある。

私たちの多くが子どもの頃から刷り込まれたストーリーでした。
もっと前の時代は親が選んだ相手と結婚するのが当たり前でした。

今の時代は実際の結婚はどうでしょうか?

【①ネットを介した出会いが圧倒的に多い】

恋と言ったら落ちるものかもしれませんが2023年現在では男女の出会いは圧倒的にネットでの出会い多くなりました。
婚活世代がティーンのときはネットで出会いなんてない時代だったと思いますが、時代が変化しました。
最初の恋のスタイルがデフォルトになっていると、ネットを介した出会いが億劫になるかもしれませんが、出会いの方法もアップデートが必要です。

【②恋愛したいのか、結婚したいのか自分の希望を整理する】

恋の先に結婚があるのが理想かもしれませんが、現実的に至難の業。
恋がしたいか、結婚したいかで戦略は変わります。
結果、幸せな気持ちになるのをどちらでしょうか?
自己分析も必要です。
恋がしたいなら好きになれそうな人がいる場所に身を置く、結婚したいなら圧倒的に結婚相談所がおすすめです。
結婚相談所も現代ではアプリが主流です。

【③恋愛の定義をかえる】

恋愛といったらドキドキして好きになる。
そんなイメージですが結婚となると、ドキドキの好きでなく、一緒にいて安心するから好きというまた違った形の好きも大切なポイントだと思います。
恋愛=恋に落ちるも正解ですが、恋愛=安心できるなど、また違った恋愛を開拓していくのも結婚への近道です。


いかがでしたでしょうか?

恋と結婚。延長線上にあるように感じて、実は別軸だったり。
実際は繋がっていたり。
人それぞれです。
ただ、ドキドキの恋を追い求めて婚活していて上手く行かない場合は見直してみるのもいいかもしれません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

サブスク婚活ってどんな人がいるの?どんな仕組みなの?→こちら

関連記事

  1. 距離を詰めてくるお相手が気持ち悪い

  2. 婚活が楽しくない

  3. 婚活の優先順位が低い

  4. もう一度会いたいと思う人がいない時

  5. 2023年こそは結婚したい

  6. 恋と不安定は紙一重