理想が高いの?自分が本当に求める相手を知る3ステップ

良いなと思う人とマッチングしない・・

でも正直微妙なだと思う人からはお申し込みがくる・・

そんなこと多いと思います。

素敵と思う相手と結婚したい人がほとんどなので、

当たり前のことではあるんですけど、

理想に囚われすぎて月日がたってしまうのはとっても勿体ないことです。

こんなときの打開方法をご紹介します。

3ステップありますので、

一気に最後まで見ずに1つずつ順を追って行うことをオススメします!

(最後まで見てしまうとなんとなく意識してしまうので)

まずはステップ1

自分の理想像の条件を20個書き出す

それも「○○できる」「○○がある」のプラスの形で

「○○しない」などのマイナスの形では書かずに、プラスの形です。

どうしてもの場合は、工夫してみましょう。

例えば「タバコを吸わない」→「非喫煙者である」など言い換えることができます。

結構20個って書き出すのが大変です。

少し時間かかるかもしれません。

でも自分の気持ちに正直に、求めるものを書いてみましょう。

理想のお相手をイメージしたり、将来の生活を想像しながら楽しい気持ちで書き出してみてください。

ステップ2

1ステップめお疲れ様でした。

まだの方は完了してから見たほうが良いです。

2ステップめ、準備ができた方から進めてください。

それでは改めて2ステップ

【20個の理想条件から、上位3つをまるで囲む】

えっ、せっかく20個書いたのに3つ選ぶの!?って思うかもしれません^^;

でもこれが重要なんです。

上位3つ、すぐに選べましたか、迷いましたか。

3つの順位はつけなくて大丈夫です。

パッと選べる人もいれば、あと1つどっちかな〜なんて人もいるかもしれません。でも3つ選んでみてくださいね。

ステップ3

この紙で自分の求める理想を認識する

最後これが重要です。紙を眺めてください。

3つまるがついているもの。これは必須条件です!

婚活していてると、様々な条件のたくさんのお相手がいます。

データでわかる事、話ししてみてわかる事、あると思いますが、

この3つの条件に当てはまっていない相手だと、

後からこの相手で良いのかが自信なくなるパターンがほとんどです。

まずはこの3つの条件に当てはまるお相手から選ぶようにしましょう。

逆を返すと、どうかな〜と思う相手でも、この3つの条件に当てはまっていれば、結婚相手の候補に入れてOKという事です。

残りの17個の条件は、あったらいいなのプラスポイントです。

必須の3つの条件をクリアしている人は複数いるかもしれません。

必須の3つをクリアした上で、さらにこのプラスポイントに当てはまる人はありがたい相手なのです。

———–

この方法はお相手を減点方式で見るのではなく、加点方式で見ることができます。

また自分の求めるお相手の条件を知った上で婚活する人は、成婚も早いです。

自分の判断に迷った時などにも使えます。

この紙は捨てずにこっそり手帳に入れたり、スマホでとっておいて、たまに確認できるようにしておくと良いと思います。なんだかんだで1ヶ月経つと忘れてしまうものなのです。(笑)

関連記事

  1. 生理的に無理な相手に会ったときのメンタル回復方法

  2. 婚活に必要な3つのこと

  3. 自然に結婚!の呪縛を手放す

  4. 自分を苦しめる結婚相手のNGリストって?

  5. コロナ渦でも婚活が上手くいくポイント

  6. 婚活でお金をかけたほうが良いところ