一緒に過ごす時間を増してスタートラインに立つ

婚活しててもなかなか良い人と出会えない、好きになれない、仲が深くならないと嘆いている方への改善策です。
それはただ一つ「単純接触効果」を利用しましょう。

【①単純接触効果は婚活に使える】

単純接触効果は元々興味がなかった人でも多くの時間を過ごすことで親しみが湧いたり、信頼感が出てきたり、相手への感情の変化がおこる効果です。
婚活ではこの効果はとても大切です。
1〜2回会っただけでは絶対にわかりません。

【②好きになれないの判断が早すぎる】

生理的にNGというお気持ちもわかりますが、好きになれないからお断りという判断が早すぎると婚活が長引きます。
今は好きじゃないけど会うのがストレスにならないのならばお相手と一緒に過ごす時間を増やしてみることをオススメします。

【③一緒に過ごしてこそ初めて結婚相手として判断できる】

長い時間や回数を一緒に過ごしてみて初めてこの人は結婚相手になるか、ならないかの判断をする段階です。
1、2回だけ会った関係ですと正直わかりません…。
何回も時間を重ねてやっとスタートラインに立つのです。


いかがでしたでしょうか?

学校や職場では自然に好きな人や仲の良い友達ができたのに…。という方は単純接触効果が効果的だと思います。
嫌なお相手じゃなければじっくり向き合ってみてくださいね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

サブスク婚活ってどんな人がいるの?どんな仕組みなの?→こちら

関連記事

  1. 誰と結婚するか選ぶ権利がある

  2. なぜ結婚できないか分からない

  3. 婚活を始めたいが腰が重い

  4. 週末何してますか?婚活の定型文トーク

  5. お相手のコミュ力は必要か!?

  6. 金銭感覚が一緒の相手はいない