お相手と何かが合わないと感じる

婚活をしていていざ会ってみると、
なんだか分からないけど「合わないかも」と感じることはありませんか?

そんなときの心の持ちようをご紹介します。

①合う相手はいないという前提で婚活する

②ここは合うなー!を大事にする

③合う人は必ず見つかると信じて淡々と婚活をする

①合う相手はいないという前提で婚活する

パートナーといえど、やっぱり他人です。
ぴったり合う人を見つけるのは正直難しいです。
また、若いころの恋愛のように恋心が燃え上がるような婚活もまずありません。
なので合う人を見つけようと躍起にならないで、完全に合う人はいないけどちょっとでも気が合う人がいいなくらいの気持ちで婚活をしましょう。

②ここは合うなー!を大事にする

お相手に対して1個でも合うところがあったら大事にしましょう。
食の好みが合う、趣味が合う、仕事の話は盛り上がるなど、どんな小さなことでもいいのです。

③合う人は必ず見つかると信じて淡々と婚活をする

今、合う人が見つからなくても婚活を続けていけば見つかる可能性が上がります。
数か月で合う人が見つかるなんてことはありません。数年かかっても合う人を見つける!という心意気で婚活を続けましょう。
次で出会えるかもしれません。スローペースでも辞めないことが大切です。


いかがでしたでしょうか?

「合う人を見つける」の呪縛から少しは解放されたでしょうか!?
今まで何人とお会いしましたか?
数人の中から合う人を見つけるのは厳しいので、ぜひもう少しお会いする人数を増やしてみてくださいね。

関連記事

  1. もう一度会いたいと思う人がいない時

  2. 婚活やる気がなくなったときの対処法

  3. 距離を詰めてくるお相手が気持ち悪い

  4. 婚活サイトをSNS代わりにしない

  5. 元カレ基準で婚活していませんか?

  6. 人は変わるということを忘れてはいけない