婚活の目的を“幸せ”にする

婚活をしているとどんな人と結婚したらいいんだろう!?条件って大切?など迷いが出てくることがあります。

そんなときに軸になるのがどんな人といたら幸せに暮らせるかな?ということ。
幸せというと抽象的ですが具体的にみていきましょう。

【①自分がどんな人といると幸せな気持ちでいられるか考える】

お友達でも家族でも構いません、自分はどんな人と一緒にいると幸せを感じるでしょうか?
幸せという単語ですと難しいかもしれないので、楽しくいられる、穏やかな気持ちでいられるなど言葉を置き換えて考えてみましょう。
そこにご自身の結婚相手のヒントが隠れています。

【②幸せは小さなことの積み重ね】

幸せというと大きなプレゼントや豪邸に住んだりとメディアに出て来そうな華やかなことを思い浮かべる可能性がありますが、一切必要ありません。
結婚での幸せとは小さな優しさや安心感の積み重ねです。
あまり大きいことを想像しすぎず、身近にある美味しいや楽しいを一緒に共有できる人を探してみましょう。

【③幸せは変化するいうことを覚えておく】

幸せのための条件を婚活時点で作ったとしても、結婚生活は長いので変化します。
条件的な面ですとお相手の年収やルックスは変化しますし、自分の価値観も変化します。
なので条件縛りでの婚活で上手くいかない場合は、少し条件を緩和してみて「一緒にいると心地良い人」という縛りで婚活してみるのもおすすめです。


いかがでしたでしょうか?

婚活をしていて「どんな人と結婚すればいいの?」と迷った場合は「幸せ」という軸で再度考えてみてください。
また考えると同時にやるべきことは「行動」です。
婚活しているなら自分からお相手にアプローチしてみる、まだ婚活を始めていないならはじめの一歩を踏み出すことです。

ぜひサブスク婚活と一緒に幸せに向かって行動しましょうね!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

サブスク婚活ってどんな人がいるの?どんな仕組みなの?→こちら

関連記事

  1. 婚活の優先順位が低い

  2. 新規の人と会うのが腰が重い

  3. 婚活で大事な感情と理性のバランス

  4. 恋と不安定は紙一重

  5. 自分のクローン探しをしていませんか?

  6. なぜ結婚できないか分からない