コロナ渦でも婚活が上手くいくポイント

コロナが始まってから合コンや婚活パーティーは激減。

1対1で会うことも難しい世の中。

それでも婚活が上手くいってる人はどうやって婚活をしてるのでしょうか?

今回はコロナ渦の婚活についてご紹介します。

①オンラインに頼りすぎない

②大人数の集まりから1対1の関係にシフト

③リスケや体調不良を寛容に受け止める

この3点を解説していきます。

①オンラインに頼りすぎない

オンラインお見合いやデートというスタイルがあります。

とっても便利ですがそこには落とし穴もあります。

初対面での出会いがオンラインでの会話だと成約率がガクッと落ちます。

男女ともによほど慣れている人でない限り、オンラインで良い雰囲気を出したりするのは大変難しいのです。

オンラインは男女の恋愛や感情的なアプロ―チには向いていないので、テラス席や公園など換気が良いところで短時間にするなど、工夫してでも仲が深まるまでは対面なるべく直接会って深めることをおすすめします。

②大人数の集まりから1対1の関係にシフト

合コンやパーティーでの婚活していた人は1対1での婚活へシフトの時です。

結婚相談所や婚活アプリなどは基本的には1対1でのやりとりになります。

飲み会文化が復活するには相当な時間がかかる場合もありますので活動の場を変えることはとっても大切です。

その際は、安心して出会うことができるように、独身証明書が必要な相談所やアプリを選んでくださいね。

③リスケや体調不良を寛容に受け止める

こんな時期なので体調不良や濃厚接触者になった場合のリスケはあって当たり前で仕方のないこと。

お互いそこは寛容にお付き合いしましょうと出会った最初のほうに共通認識としておくと、万が一何かあってもリスケもしやすいはず。

無理して会って大変なことになったり、逆にキャンセルからそれっきりとならないように、寛容に受け止めて柔軟にリスケに応じる心持ちでいることをおすすめします。


いかがでしたでしょうか?

コロナ渦でも婚活市場は動いていて、スタイルがどんどん変化しています。

といっても、恋愛や結婚は古典的な文化であり感情が絡むので、オンラインに置き換えるの難しい部分もあります。

オンラインに頼りすぎずに、今の生活スタイルに合った活動をしてみてくださいね。

関連記事

  1. 理想が高いの?自分が本当に求める相手を知る3ステップ

  2. 婚活していて自信がなくなった時の対処法

  3. 生理的に無理な相手に会ったときのメンタル回復方法

  4. なぜ結婚相談所は女性も有料なの?

  5. もう一度会いたいと思う人がいない時

  6. 婚活やる気がなくなったときの対処法